ペット・動物・犬1ページ:Seop Crap|相互リンクSEO-P-Link ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

ペット・動物・犬:サブページ

カテゴリー

ペット・動物・犬登録サイト一覧

 このページは、Seop Crap|相互リンクSEO-P-Link ver3.5のペット・動物・犬カテゴリ(1)ページです。ペット・動物・犬(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、Seop Crap|相互リンクSEO-P-Link ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはペット・動物・犬:2ページで表示しています。
この続きはペット・動物・犬:2ページで表示しています。

 イヌはカール・フォン・リンネ(1758年)以来、伝統的に独立種Canisfamiliarisとされてきたが、イヌをタイリクオオカミ(Canislupus)の亜種の一つとする学説(1993年、D.E.WilsonandD.A.M.Reeder)が、現在では受容されつつある。また、異説ではジャッカルから分化したとする。イヌ科の始原的動物(最古の祖先)と考えられるへスペロキオン(en、イヌ科ヘスペロキオン亜科[en])は約3、800万年前(古第三紀始新世後期前半)、ミアキス科(en)から分化し、北アメリカ大陸の平原地帯で誕生した。この系統はその後、約2、300万年前(中新世)にはユーラシア大陸へ分布を拡げながらいっそうの進化を遂げてイヌ亜科の直接的祖先と目されるトマルクトゥス(en)を生み出し、アフロ・ユーラシア大陸全域に適応放散し、そしてまた、アメリカ大陸にも移動して古い時代の種を一掃していったと考えられている。「イヌ」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』( 2012年12月23日 (日) 06:00 )

このページの先頭へ